トップページ > 中古車購入の流れを教えるよ

中古車購入の流れを教えるよ

中古車の購入をするときの流れというものをかんたんに書いていきましょう。まず、中古車を購入するにあたっては欲しい車を探すところからはじまります。こだわりをもって車を選ぶことは大切ですが、最低限これだけはという絶対ラインを設定し、妥協するポイントを決めておくのも大切なことです。

 

次に、購入する中古車が決まったら、各種手続きを進めていき、最終的に購入という形になります。が、この場合ですが、実店舗とオンラインショップでは少し進め方が違ってくるのです。必ずしもここで書いた例があてはまるというわけではありませんが、参考までにということで見てくださいね。

 

まず実店舗の場合ですが、購入する車が決まると、申し込みします。そして、商談を経て、注文となります。こうして売買契約のすべてを販売店で行うのが一般的だといえるでしょう。ですが、オンラインショップではその手続きのほとんどをインターネットで済ませてしまうこともできるのです。いずれにしても、車の売買契約はコンビニで買い物をするのとは訳が違いますので、ひとつひとつの手続きを慎重に進めていく必要があります。

 

また中古車の購入時には支払方法を決める必要もあります。もちろん現金で購入することは可能なのですが、決して安い買い物ではありません。ですので、多くの場合でローンを利用することになると思います。

 

ただしローンを利用するには、ローン会社の審査に合格しないとローンを利用できません。また、納車に際して、自動車の登録手続きを済ませなくてはならないのです。経験があれば良いのですが、ほとんど人は経験がないでしょうから販売店に任せてしまうのが無難だと言えます。

 

ちなみに納車には二通りあります。ひとつは販売店に出向いて引き渡してもらう店頭納車というパターン。もうひとは、購入した車を自宅まで届けてもらう陸送納車というパターンです。後者の場合は、ほとんどの場合で別途納車費用がかかってしまうので、その点は注意しておいてください。

 

基本的に納車には担当者が立ち会ってくれます。ですので、車両の確認や不明な点などがあればしっかりと聞いておきましょう。また、納車後に関してですが、基本的には販売店によってサービスが異なります。各種のメンテナンスや保証を受けることなど、手厚いサービスを用意している販売店もあれば、そうでない販売店もあります。ですので、あなたの購入した販売店はどのようなサービスをしてくれるのか、きっちりと把握しておきましょう。